栄養不足|母乳が出ない理由を知って改善しましょう

レディ

おっぱいにこだわらない

女性

多くの母親が悩んでいます

母乳が出ないと悩む人が多いです。始めから母乳がたっぷり出る人の方が少ないです。また、生まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいを吸うのも下手です。そのため、すぐにあきらめずに工夫をします。まずは授乳回数を増やし、赤ちゃんの抱き方を変えてみるとよいでしょう。横抱き、縦抱き、フットボール抱きなど、抱き方を変えることで飲みやすい姿勢がわかります。また飲み残しもなくなります。母乳は母親の血液から作られます。水分を十分に取ります。冷たいものより暖かい飲み物の方が良いです。なるべくカフェインの少ないものを選びます。他にも、育児や家事で忙しくても食事に十分注意しましょう。中でも良質のたんぱく質を取ると良いです。また、分娩時の出血で貧血になりやすいので、鉄分を多く摂取します。睡眠不足も母乳が出ない原因になるので、赤ちゃんと一緒にお昼寝をして体を休めて、ストレスがたまらないようにします。体のコリも良くありません。産後検診が終わって医師の許可が出たら、湯船につかって体を温めるようにします。他にも、おっぱいのマッサージをするのも効果的です。しかし、工夫をしても母乳が出ないこともあります。母乳にこだわり過ぎて自分を責めるのも逆効果です。万が一、母乳が足りない、出ない場合は粉ミルクを飲ませます。赤ちゃんが欲しがった時にすぐにミルクをあげられるように調乳ポットを用意すると良いでしょう。ミルクの作り置きは雑菌が繁殖する恐れがありますので、決してしないようにします。哺乳瓶や粉ミルクのメーカーとの相性もあるので、試してみると良いでしょう。しかしどうしても、母乳で育ててあげたいという人は、必要な栄養素を摂取することが大切です。現在では、食事以外にも、サプリメントや健康食品などから摂取することも可能となっています。そのため、不足しがちな栄養素は、サプリメントや健康食品などで補うようにしましょう。ドラッグストアなどには様々な種類のものが販売されているため、一度覗いてみるとよいです。